[記事公開日]2016/02/15

【お風呂ダイエットで脂肪燃焼!】その効果と入浴方法をご紹介

スポンサーリンク

まだまだ寒い日が続いていますが、お風呂であったまっている人も多いのではないでしょうか?

自分もお風呂は好きで、10分ぐらいは湯船につかるようにしています。

そんなお風呂でダイエットができてしまうんです!

お風呂のダイエット効果と入浴方法について紹介します。

お風呂ダイエットとは

ofuro_atatamaru

お風呂ダイエットにはメリットがたくさんあります。

たくさん汗をかくことで代謝があがり、ダイエット効果がある他、リラックス効果、肩こりや腰痛緩和、冷え症改善などが期待できます。

この記事では、自宅でできるお風呂でのダイエット法を紹介します。

お風呂ダイエットで痩せるメカニズム

お風呂でダイエットができる理由としては、デトックス効果があることが挙げられます。

汗と一緒に毒素が排出されることで代謝が上がり、痩せやすい体質づくりができるからです。

本来、人間の体には毒素を処理する働きがあります。

その働きとは、肝臓で毒素を処理して便や尿として排出したり、全身から汗をかいたりして老廃物を処理するものです。

しかし、現代人の食生活や生活環境は体に入る毒素の量が多過ぎる傾向にあります。

毒素が処理能力を超えてしまい体に溜まりがちになってしまっているのです。

また、この毒素は脂肪と結びつく性質があります。

毒素が溜まると燃えない脂肪となり、結果、太りやすい体になってしまうのです。

つまり、入浴で汗をしっかりかいて代謝をよくして、毒素をうまく排出できる体にすることが重要です。

そうすることで脂肪燃焼がスムーズになり、ダイエット効果が期待できるというわけです。

また、全身の血行がよくなり老廃物が排出されることで、むくみ解消にもつながります。

見た目がスッキリしますよ。

汗をかく入浴は、代謝がよくなり基礎代謝量をアップさせる効果があります。

お風呂に入る習慣をつけることで、徐々に痩せやすい体質、つまり脂肪を効率よく燃やせる体につながります。

「半身浴」の効果的な入浴方法

ここではデトックス効果を高める半身浴の入浴方法を紹介します。

自分の好きな音楽を聞いたり、本を読んだりして、自分なりの方法でゆっくりと入りましょう。

1.熱めのお湯に手足を5~10分つける

湯船に43℃ぐらいの熱めのお湯をはって、両手のひじから先と両脚の膝下を5~10分つけます。

末端の汗腺を刺激することで、全身に汗がかけるようになる効果があります。

2.運動をプラスして血流アップ

両手足がお湯につかっている間に、足首をグルグル回します。

脚のポンプ作用を刺激して、さらに血行を促進させます。

お湯の中で手をグー、パーと繰り返すことで握力も鍛えることができます。

握力のトレーニングに関する記事はこちらです。

【握力トレーニング!】ハンドグリップの正しい選び方と使い方を紹介

3.ぬるめのお湯で半身浴

水を足して37~38℃のぬるめのお湯にしたら、みぞおちまで湯船につかり10~15分半身浴を行いましょう。

寒い冬場は体が冷えないように入浴中は肩にタオルをかけるのがいいでしょう。

また、発汗作用の高い入浴剤を入れるのもおすすめです。

入浴前後&入浴の途中はコップ一杯程度の水分補給を忘れずに行いましょう。

水分を摂ることで、汗をかきやすくなり、よりデトックス効果が期待できます。

水とダイエットの関係を書いた記事はこちらです。

【水がダイエットに効果的!?】その理由を紹介

消費カロリー効果を高める入浴方法「高温反復入浴法」

shibou_nensyou

お風呂につかる時間はなるべく短くしたい、という人におすすめなのが「高温反復入浴法」です。

「高温反復入浴法」は、水圧と温度の2つの負荷が体にかかります。

そのため、比較的疲労する入浴法となりますが、血液の流れが良くなり新陳代謝が活発になることでダイエット効果も高まります。

その消費カロリーは1回の入浴で300~400kcal程度になるといわれています。

ダイエットを行っている人からすると魅力的な数字ですね。

基本的な「高温反復入浴」は、以下の順に従って、42~43℃の熱めのお湯に短時間を何回かに分けて入浴します。

しかし、体調の悪いときや疲れがひどいときにはわないようにしましょう。

ダイエットをしようとして無理をするのはやめてくださいね。

1.かけ湯をする

まず体をお湯に慣らすため、かけ湯をしましょう。

お湯が熱いため、一気につからないように注意してください。

ゆっくりつかりましょうね。

2.1度目の入浴→休憩5分

2~3分間入浴します。

その後、湯船から出て約5分間休憩しましょう。

この時、体か髪のどちらかを洗ってください。

3.2度目の入浴→休憩5分

2度目の入浴です。

2~3分入浴したら、また湯船から出て約5分間休憩します。

1度目の休憩の際に洗わなかった体か髪のどちらかを洗ってください。

4.最後にゆっくり入浴

最後に5分間程度入浴してください。

 

無理はしないでくださいね。

入浴前の水分補給も忘れずに行ってください。

お風呂マッサージでむくみ解消

スポンサーリンク

お風呂に浸かり温まっている状態で脚全体をマッサージしましょう。

すると、さらに代謝がよくなりむくみ解消効果が期待できます。

マッサージの仕方は下記の動画で丁寧に解説してくれてますので、ぜひ参考にしてください。

毎日の入浴の際にできるマッサージですので、おすすめですよ!

運動と一緒に行うと効果的

walking_group

お風呂ダイエットは、運動と一緒に行うと効果的です。

ダイエットは1つのダイエットだけ行うよりも、他のダイエットと一緒に組み合わせた方がより効果が表れます。

たしかに、お風呂ダイエットは運動しているような消費カロリーを得る事ができます。

しかし、ランニングなどの運動に比べたら消費カロリーは少なめです。

そのため、運動も一緒に組み合わせれば消費カロリーは、より上がるのでおすすめです。

例えば、昼間はウォーキングやランニングで汗を流し、夜はお風呂ダイエットで汗を流すなどです。

そうすることで、消費カロリーを増やすことができるので、より効率的にダイエットができるわけです。

おすすめの入浴剤

ofuro_nyuyokuzai_woman

お風呂ダイエットにおすすめの入浴剤は、発汗作用があるものがおすすめです。

一度は目にした人も多いのではないでしょうか。

デトックス力のある入浴剤のサポートで、通常よりもたっぷりと汗を流す事が出来ます。

汗をたっぷりと流して、代謝を高めて痩せやすい体を作りましょう。

 

ダイエットに関するおススメの記事はこちらです。

【ロカボダイエット】そのやり方(食事方法)と成功のコツ!ロカボレシピも紹介

【腹筋ローラーの正しい使い方】これであなたの腹筋も割れる効果が得られる!

【酵素ドリンクダイエットのやり方と効果】酵素ドリンクの選び方と作り方も紹介

まとめ

毎日簡単に行えるのがお風呂ダイエットのメリットだと思います。

運動も行うと、より効率的にダイエットを行うことができますよ。

お風呂でのマッサージもおすすめです。

むくみが解消できますので、気になる人はぜひやってみてください。

みなさんもお風呂ダイエットを始めて、健康な体づくりを行いましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ