[記事公開日]2016/02/03
[最終更新日]2016/02/06

【黒烏龍茶でダイエット!?】その効果と飲み方について紹介

スポンサーリンク

みなさんは黒烏龍茶を飲んでますか?

僕はあまり飲んだことありません・・・

普通の烏龍茶なら飲むんですけどね。

「身体に脂肪を付きにくくする」ってCMでよく言ってるけど本当なんでしょうか。

その効果と飲み方について調べてみました。

黒烏龍茶とは

drink_uroncha_bottle

頭に「黒」ってついているけど、黒烏龍茶って普通の烏龍茶と何が違うんでしょうか?

調べてみると、烏龍茶の脂肪抑制の効果を強化したもののようです。

ポリフェノールの集合体「烏龍茶重合ポリフェノール」を多く含んでいるのが黒烏龍茶らしいです。

つまり、イメージとしては「濃い烏龍茶」という感じですね。

味は普通の烏龍茶とそれほど変わりませんが、少し濃いようです。

ただ、その分普通の烏龍茶よりも脂肪の吸収を抑制する効果は高くなっています。

黒烏龍茶のダイエット効果

では黒烏龍茶のダイエット効果とはいったいどんなものなのでしょうか。

脂肪の吸収を抑制する

g1.jpg

引用:http://www.qlife.jp/square/feature/ocha/story322.html

黒烏龍茶を食事中に飲むことで、脂肪の吸収を抑制する効果があります。

サントリーのデータによると、中性脂肪が100~250mg/dlの成人男女20名に高脂肪食とともに黒烏龍茶を飲用してもらい、飲用直前及び飲用後の血中中性脂肪を測定した結果があります。

飲用後4~5時間で血中中性脂肪の増加量が20%抑えられたという結果がで出ました。

20%といえば、たいしたことないと思う方もいるかもしれませんが、脂っこい食事だと20%が効いてきます。

脂っこい食事のお供に黒烏龍茶はおすすめですよ。

脂肪を体外に排出する

g2.jpg

引用:http://www.qlife.jp/square/feature/ocha/story322.html

脂肪の吸収を抑制してくれる効果もうれしいですが、黒烏龍茶には脂肪の排出量を増やす効果があります。

成人男女12名に10日間、高脂肪食品ともに黒烏龍茶を飲用してもらい、脂肪の排出量を測定しました。

すると、脂肪の排出量が約2倍に増えるという結果が出ました。

これはサントリーのデータによるものです。

食事の際の脂肪吸収を抑制してくれるうえに、脂肪の排出量も増える効果があるなんて、いいことづくしですね!

ダイエットを意識している人は、うまく黒烏龍茶を食事に取り入れれば、効果が表れるかもしれませんね。

からだに脂肪がつきにくくなる

CMで謳っている通り、飲み続けると体に脂肪がつきにくくなります。

成人男女281名に食事の際に1回1本(350ml)、1日2本を16週間継続して飲用してもらいました。

そして、全脂肪面積変化量を測定したところ、飲まなかった時に比べて体脂肪率が1.15%減少するという結果が出ました。

これもサントリーのデータによるものです。

体脂肪率だけでなく、同時にお腹の脂肪と体重も減少したという結果もあります。

これはダイエットをする人にとってかなり強い味方になってくれるのではないでしょうか。

黒烏龍茶の飲み方

スポンサーリンク

トクホである黒烏龍茶は1日あたりの摂取目安量が決められています。

黒烏龍茶の飲み方ですが、基本は1回あたり350mlのペットボトル一本分を飲むことが推奨されています。

サントリーの公式ページでは、1日2回の摂取を推奨しています。

ですので、昼食と夕食の時に、食事と一緒に黒烏龍茶を飲むのをおすすめします。

元々、普通の烏龍茶も脂を洗い流す作用があります。

なので、焼き肉などの脂肪分の多い食事のときに、黒烏龍茶を一緒に飲むと効果が高いです。

脂肪分の多い食事が好きな方は、常備しておいてもいいかもしれませんね。

黒烏龍茶ダイエットの注意点

飲みすぎ注意!

黒烏龍茶は1日あたりの摂取目安量が決められているので、飲み過ぎには注意してください。

体調や体質によっては、胃が痛くなる、吐き気がする、お腹がゆるくなる場合があります。

そのような症状が出た場合は、飲むのを中止しましょう。

また、沢山飲んだからといって効果が急増するものではありません。

摂取目安量の1日1回~2回、1回ペットボトル1本(350ml)を必ず守って飲むようにしてください。

飲むタイミングに注意!

黒烏龍茶は、ウーロン茶ダイエットや炭酸水ダイエットのように、好きな時に飲んでいては効果が薄れてしまいます。

また、空腹時に飲むと、胃に負担がかかり胃痛の原因にもなります。

黒烏龍茶の効果を効率的に得るためには、食事中または食前、食後に飲むようにしてください。

食べすぎ注意!

黒烏龍茶を飲むからと言って、食べすぎてはいけません。

黒烏龍茶はあくまでダイエットの補助を目的としたものです。

普段の食事の量を増やしてしまっては、本末転倒です。

食事の量には注意を払いましょう。

 

この記事に興味がある方は、これらの記事もおすすめです。

【ロカボダイエット】そのやり方(食事方法)と成功のコツ!

【ためしてガッテン流の計るだけダイエット】お手軽で成功率83%!そのやり方を紹介

【腹筋ローラーの正しい使い方】これであなたの腹筋も割れる効果が得られる!

まとめ

黒烏龍茶の効果と飲み方についてまとめましたがいかがでしたか?

これを読んで黒烏龍茶を飲んでみようかなという人もいるかもしれません。

でも、飲みすぎには注意してくださいね。

摂取量は1日2回350mlを基本としてください。

また、脂肪の吸収をおさえるといっても完全にシャットアウトできるわけではありません。

食べすぎると当然太ってしまいます。

そのあたりを念頭において、うまく飲んで効果を実感してくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ