[記事公開日]2016/01/03
[最終更新日]2016/01/27

【キャベツでダイエット!】その方法と効果【お手軽サラダの作り方も紹介】

スポンサーリンク

キャベツといえば身近な野菜ですよね。

そのキャベツにダイエット効果があるんです!

今回はキャベツダイエットの方法と効果について説明します。

また、簡単なサラダの作り方も説明します。

kyabetsu_cabbage

キャベツに含まれている栄養素

まずはキャベツに含まれている栄養素を説明します。

ビタミンC

キャベツの葉4枚弱で1日に必要なビタミンCを摂取できます。

意外に含まれている量が多いんです。

ビタミンK

骨を丈夫にするので、骨粗しょう症の予防に効果的です。

ビタミンU

ビタミンUはキャベジンといわれる成分で、胃腸の粘膜を健康に保ち、胃潰瘍を予防する効果があります。

カリウム

カリウムは代謝をあげるため、ダイエット効率をより効率的に行えます。

食物繊維

キャベツに含まれている「不溶性食物繊維」は、胃の中で膨れるので、満腹感を得られやすくなります。

カルシウム

骨や歯をつくります。イライラの解消にも役立ちます。

キャベツダイエットの方法

キャベツダイエットの方法を説明します。

方法は、食前にざく切りにした生のキャベツを食べるというものです。

食べる量はキャベツ1玉の1/6です。

キャベツダイエットの方法のポイントを説明します。

キャベツを食前に10分間かけて食べる

食前に時間をかけてよく噛んで食べることで、満腹中枢を刺激し、食事の食べ過ぎを防ぐことができます。

ノンオイルの調味料を使う

キャベツを食べる際は、カロリーの摂りすぎを防ぐため、ノンオイルの調味料を使いましょう。

今では様々なノンオイルのドレッシングが売られています。

同じ味に飽きたら、違う味に変えたりしてみましょう。

間食もキャベツを食べる

おなかがすいたらキャベツを食べるようにしましょう。

これで間食によるカロリー摂取を防ぐことができます。

キャベツダイエットの効果

スポンサーリンク

キャベツダイエットの効果を説明します。

食欲の抑制

食欲の抑制には2つのポイントがあります。

■食前に生のキャベツをよくかんで食べることで満腹中枢が刺激される。

■食物繊維が胃の中で膨れるので満腹感が得られる。

これら2つのポイントが食欲を抑制してくれます。

その結果、食事の量を減らし、総摂取カロリーを減らすことができます。

代謝の向上

キャベツに含まれる「不溶性食物繊維」は、便の量を増やすことにつながります。

便の量が増えると腸の動きが活発になります。

すると、代謝が向上するため、たまっている脂肪が燃えやすくなります。

血液をサラサラにする

キャベツに含まれるもう一つの食物繊維「水溶性食物繊維」が余分なコレステロールを体外に排出してくれます。

そのおかげで、血中のコレステロール値がさがり、血液がサラサラになります。

胃を守る

body_i_good

ビタミンUには、胃酸の分泌抑制と、胃腸粘膜の新陳代謝促進があります。

そのため、傷ついた胃粘膜の修復や、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防が期待できます。

脂肪肝の予防

ビタミンUは肝臓の脂質を減少させ、肝機能を改善する効果があります。

そのため、脂肪肝を防ぐことができます。

免疫力の向上

ビタミンC自体が細菌やウィルスなどを退治してくれます。

また、白血球の働きを助けるため、免疫力の向上につながります。

ストレスの緩和

ビタミンCはストレスから身を守るホルモンを合成する際に使用されています。

そのため、ビタミンCを摂取することでストレスを和らげることができます。

美肌効果

ビタミンCは美肌には欠かせない成分です。

摂取することで、シミやしわを改善し美肌効果が期待できます。

キャベツダイエットの注意点

キャベツダイエットという名前に惑わされて、普段の食事をキャベツに置き換えてはいけません。

それでは必要な栄養が摂取できないからです。

ダイエットとはいえ健康的に行わないと危険ですからね。

キャベツだけを食べるのではなく、バランスの良い食事を心がけましょう。

また、食物繊維をキャベツだけでとろうとはしないでください。

キャベツだけで一日の必要量をとろうとすると1玉食べても足りません。

そのためにほかの野菜も積極的に食べるようにしてください。

キャベツに含まれている「不溶性食物繊維」「水溶性食物繊維」のバランスから、「水溶性食物繊維」を含んだ食品をとるのが良いでしょう。

「水溶性食物繊維」は海藻や果物に多く含まれていますので意識して食べるようにしましょう。

キャベツは熱を通すとビタミンCが壊れてしまいますので、生のままたべましょう。

また、水溶性の栄養素が流れ出るのを防ぐために、水にさらすのは短時間ですませましょう。

お手軽サラダの作り方

food_vegetable_sald

手軽に作れるサラダの作り方を紹介します。

キャベツとワカメのサラダ

■準備するもの

  • キャベツ お好みの量
  • 乾燥ワカメ お好みの量
  • ノンオイルドレッシング

■作り方

1.ワカメを水で戻す

2.キャベツを太い千切りにします

3.1と2の水気をよく切り、混ぜ合わしてノンオイルドレッシングをかけて完成です

ワカメを食べることによって「水溶性食物繊維」を摂ることができるので、うれしいですよね。

手軽に作れるのもいいと思います。

ドレッシングは好みでいろいろ変えてみたりしましょう。

ツナとキャベツのサラダ

■準備するもの

  • キャベツ 1/6個
  • ツナ缶  1/3缶
  • はちみつ 小さじ 1杯
  • 醤油   小さじ 1杯と半
  • ラー油  適量

■作り方

1.キャベツはざく切りにしてさっとゆでておく(長時間ゆでないように注意しましょう)

2.耐熱容器に汁気を切ったツナとはちみつ、醤油を混ぜ合わせて電子レンジで1分加熱する

3.好みで2にラー油を入れ、キャベツと混ぜ合わせて完成です

ツナをたべることでダイエット中に不足しがちなたんぱく質を摂ることができます。

また、キャベツを少しゆでるため生が苦手な人でも食べることができると思います。

辛いものが苦手な方はラー油を控えましょう。

まとめ

手軽に買えるキャベツにいろんな効果があるのはうれしいですね。

方法も食前にキャベツを食べるだけなので、手軽だと思います。

ポイントは生のキャベツを食べることですね。

食べごたえが十分にあると思います。

キャベツだけを食べるのに飽きたらいろんなバリエーションを試してみましょう。

みなさんも注意点には気を付けてキャベツダイエットにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ