[記事公開日]2016/03/29
[最終更新日]2016/03/28

【ガムダイエット】小顔にも!お勧めの種類と方法、効果をご紹介

スポンサーリンク

なにげなく噛んでいるガム。

そのガムを使ったダイエットがあるんです。

口寂しいときや食事の前にガムを噛むというものです。

では紹介していきますね。

ガムダイエットとは?

sweets_gum

ガムダイエットとは、ひたすらガムを噛んでいるダイエットです。

食事は普通にしてもいいんですが、それ以外で口寂しくなったらガムを噛みます。

また、食事の前にもガムを噛む事でダイエットになります。

なぜガムダイエットがあるかというと、ガムを噛むとアゴを使い、唾液も出てくるので満腹感を感じるからです。

食事の時は、よく噛んで食べるとダイエットにいいというのをよく耳にします。

それもガムと一緒で、よく噛む事で脳の満腹中枢を刺激するからです。

ようは噛めば満腹感がでるならば、ガムを噛んでいてもダイエットに効果があります。

しかし、いくらなんでも職場でガムを噛むのはいけません。

だからいつでもガムを噛んでいいとは言っても、常識の範囲内にしておきましょう。

職場でも口寂しくなったら間食はあまりしないと思います。

だから、ガムも口寂しくなっても口にしないようにしましょう。

ランチを買いに行く時にガムを噛み、食べる時になったらガムを捨てるぐらいでいいと思います。

ガムダイエットとは、ガムを常識の範囲内で噛む事です。

ガムダイエットの効果は?

ガムダイエットの効果は、多くの人が感じています。

ガムダイエットをやった事ない人は、聞いただけだと本当に効果があるの?と疑いたくなりますが、実際にやってみると効果を実感します。

ガムダイエットもダイエットの一種なので、どのくらい効果があるかは人によって違います。

失礼な言い方ですが、すごく太っている人は減るべき脂肪がたくさんあります。

そのため、ダイエットをしたらみるみる痩せていきます。

もともと、余分な脂肪があるのでそれをフルに燃やす事ができるんです。

だからガムダイエットでも10キロマイナスなどもあります。

しかし、そこまで脂肪がない人は燃やすべきものがないのでガムダイエットでマイナス3キロなどもあります。

また、ガムダイエットでどのくらい食欲が落ちるかにも個人差があります。

だからガムダイエットの効果は、その人によって違います。

より効果を感じるには、ガムダイエットと運動などの組み合わせダイエットがオススメです。

小顔に効果的?

biyou_kogao

ガムダイエットは、小顔にも効果的です。

ただ体重が減るだけじゃなく、小顔にもなれるなんて女性には嬉しいダイエット方法ですよね。

なぜガムダイエットが小顔に効果的なのかというと、ガムダイエットをした事がある人ならば当然のように分かると思います。

そう、アゴが疲れるからです。

ずっと昔の縄文時代は、まだ米の栽培が始まっていませんでした。

従って、人びとの食事は硬い肉や野生の葉っぱを噛みきって食べていました。

だからアゴを使って、アゴが引き締まっていました。

しかし現代の食事は、柔らかいものが多いです。2~3回も噛んだら飲み込めます。

だからアゴが鍛えられていないんです。

ガムダイエットは、昔の人間にタイムスリップするようなものです。

だからガムダイエットでアゴを鍛えれば、小顔にもなれるんです。

ただガムを噛めば噛むほど疲れてくるため、アゴが痛くなる場合もあります。

痛いというのは鍛えられている証拠です。

筋肉になっている証拠なんです。

カロリーってどれくらい?

スポンサーリンク

ガムのカロリーは非常に低いです。

キシリトールのガムだと、一粒で3キロカロリーほどです。

一日に10個のガムを噛んだとしてもたったの30キロカロリーです。

参考までに言うと、ご飯を茶碗一杯食べたら150~200キロカロリーです。

それに比べたら、10個ガムを噛んでもたった7分の1のカロリーしかないんです。

ケーキやお菓子の甘いものと比べたら、もっと差は開きます。

だから小腹が空いたらなにを食べるよりもガムを噛んだ方がいいんです。

ちなみに、キシリトールのガムじゃないとカロリーは多少多くなります。

梅の味がするガムは一枚で10キロカロリーほどです。

甘いガムだと糖分が多く、カロリーは高くなります。

それでもガムは他のお菓子に比べるとカロリーが低いです。

ガムのカロリーは基本的に低いため、甘くないガムならばカロリーを見ないで買ってもいいぐらいです。

ガムのカロリーが低いというのも、ガムダイエットが成功するポイントになっています。

間食するならば、ガムにしましょう。

おすすめのガムは?

ガムダイエットにオススメのガムは、キシリトールのガムです。

ガムのカロリーについての項目で書いた通り、カロリーが低いのが理由です。

しかし、中にはキシリトールが苦手だという人もいるでしょう。

もしキシリトールが苦手ならば、甘すぎないガムならなんでもいいです。

梅ガムやブルーベリーガムならば甘すぎませんが、キシリトールのようにスースーした感じがありません。

キシリトールのガムが一粒3キロカロリーにくらべて、梅ガムやブルーベリーガムは9キロカロリーです。

少しカロリーが上がりますが、ダイエットには支障ない範囲のカロリーです。

しかし、キシリトールだと口のなかが歯みがきをしたようにスースーするため、食欲が落ちやすいというメリットはあります。

歯磨きをすると食欲が落ちるのと同じ効果です。

絶対にオススメしないのが、アメです。

アメも口寂しい時には舐めますが、ガムに比べると倍以上のカロリーです。

甘くないのど飴でもカロリーは高いです。

アメには手を出してはいけません。

ガムダイエットにオススメなのは、あくまでもガムだけです。

 

ダイエットに関する記事はこちらもおすすめです。

【大根おろし酢ダイエット】そのやり方と効果、口コミをご紹介

便秘解消に効果的ですよ。

【オクラダイエット】その効果とレシピをご紹介

納豆とオクラの簡単どんぶりも紹介しています。

まとめ

ガムはキシリトールのものがおすすめです。

アメはカロリーが高いので止めておきましょう。

小顔になる効果もあるのでこれを機会にガムを噛む習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

ボトルガムを買って近くに置いておくといいかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ