[記事公開日]2016/02/09

【簡単!ガトーショコラの作り方】そのレシピをご紹介!バレンタインにどうぞ

スポンサーリンク

みなさん、もうじきバレンタインですよ!

男性のみなさんがそわそわしてしまう一日ですよね。

自分も学生の頃は、もしかしたらという思いがあって何か落ち着かない一日でした(笑)

今回は、簡単にできるガトーショコラのレシピを紹介したいと思います。

女性の方は、ぜひ参考にしてください!

手作りのものを渡すと、男性の反応がかわりますよ。

valentine_tedukuri_girl

ガトーショコラとは

valentinesday_itachoco2

フランス語で、チョコレートのお菓子の意味があります。

ガトーショコラは、「チョコレートケーキの一級品」という意味があり、世界では日本でいうガトーショコラに特定せず、チョコレートケーキ全般をさします。

日本における「ガトーショコラ」は、バターとチョコレートを溶かした中に、ふんわりと泡立てたメレンゲ、そして小麦粉を加えてオーブンで焼き上げたケーキをいいます。

みなさんがいう「ガトーショコラ」が上記のものですよね。

材料2つ☆簡単ガトーショコラの作り方

【材料】  (15or18cmホール型)

板チョコ 4枚(1枚:約60g)

・卵 4個

【作り方】

1.オーブンを170度に余熱を入れます。型にバターを塗ります。(底の取れる15cmまたは18cmホール型を使用)

2.卵を室温に戻します。 卵を黄身と白身に分けておきます。板チョコを包丁などで細かく刻みます。

3.細かく刻んだ板チョコを湯せんにかけ溶かす。 チョコの固まりがなくなったらOKです。

4.チョコを湯せんで溶かしている間に、白身を大きめのボウルに入れ、角が立つくらいまで泡立てます。

5.角が立つか確認する時は、泡だて器をゆっくり上に上げて確認して下さい。 泡立て過ぎには注意です。

6.卵黄を混ぜ、溶かしたチョコへ加えて素早く混ぜ合わせます。※チョコが硬くなるので素早く混ぜて下さい。

7.全体が混ざったら、泡立てた卵白を半量加え、「の」の字を描くように切るようにさっくり混ぜます。

8.残りの卵白も加え、(卵白の泡を潰さないように)ふんわり感がなくならないようにさっくり混ぜます。ここがポイントです。※混ぜ過ぎ注意です。

9.型に⑦を流し込み、台に数回落としてガス抜きをし、オーブンへ 入れて170度約35分焼きます。(目安は30~40分くらいです。)

10.竹串をさしてべっとりチョコが付いてこなければOKです。

11.あら熱が取れたら型から取り出し出来上がりです!

12.一度膨らんだものがしぼむのがガトーショコラの特徴です。ひび割れするのも上手に焼けた証拠なので安心してください。

材料が2つだけでつくれるなんて知りませんでした。

これは言われないと材料が2つだけなんて気づきませんよ!

焼いた後にしぼむのが特徴ですので、しぼんでも焦らないでくださいね。

作り方の動画もあったので、参考にしてください。

炊飯器で作るガトーショコラの作り方

スポンサーリンク

【材料】 (1ホール分)

・板チョコ 300g

・卵 2個

・ホットケーキミックス 150g

・生クリーム 200ml

・ブランデー 大さじ2

・くるみ 適量

ブランデーとくるみはお好みでOK!

【作り方】

1.細かく刻んだ板チョコと生クリームを混ぜて、300Wで3分加熱します。

2.炊飯器に、1を入れてクリーム状に混ざったら、卵、ホットケーキミックス、くるみ、ブランデーを入れさっくりと混ぜていく。※ブランデーとくるみはお好みに合わせて入れてください。入れなくても大丈夫です。

3.炊飯器の炊飯ボタンを押して、炊けたらできあがりです。※炊けたら竹串を刺して確認して下さい。生地が竹串に付いてくるようならば更に早炊き炊飯してください。

なんと炊飯器でガトーショコラが作れちゃいます!

材料を入れて混ぜて、炊飯スイッチを押すだけ、簡単ですね。

炊飯器で作る様子はこちらの動画でご覧ください。

ダイエットに関する記事も書いています。

ぜひ読んでみてください!

記事はこちらです。

【チアシードダイエットの効果】栄養といろんなレシピを紹介

【水がダイエットに効果的!?】その理由を紹介

【ためしてガッテン流の計るだけダイエット】お手軽で成功率83%!そのやり方を紹介

まとめ

簡単ガトーショコラの作り方を紹介しましたが、いかがでしたか?

これならお手軽に手作りガトーショコラをプレゼントできるのではないでしょうか。

もらったかたはうれしいと思いますよ!

お返しにも期待が持てるかもしれません(笑)

普段のお菓子作りでも使えるレシピだと思いますので、ぜひ作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ