[記事公開日]2015/12/25
[最終更新日]2016/01/15

筋トレの成果がでないのはなぜ?その理由と正しいやりかた

スポンサーリンク

日常的に筋トレを行っているのに、成果が出ない・・・

こんな人はいませんか?

実はちょっとしたことで変わるかもしれないんです。

その理由を解説していきます。

dumbbell_man

炭水化物の不足

筋肉をつけたい人が食事をするうえで気にするのがたんぱく質のことではないでしょうか。

確かにたんぱく質は筋肉のもとになるので重要な栄養です。

しかし、それ以上に気を付けないとけないのが炭水化物の摂取です。

筋肉がつかない場合この炭水化物の摂取に問題がある場合があります。

炭水化物が足りていないと、筋トレをするとき、エネルギーとして筋肉を使ってしまうからです。

せっかく筋トレをしているのに筋肉を消費していては元も子もないですよね。

適度に炭水化物を取るようにしましょう。

■適正な量のたんぱく質

筋トレには正しい量のたんぱく質の摂取も大切です。

過剰なたんぱく質は脂肪に変わってしまうので注意が必要です。

筋肉をつけたい場合のたんぱく質の適正量は「体重1kgあたり、2gのたんぱく質」です。

筋肉がつかないと思っている人は意識してみましょう。

サプリメントの摂取方法に問題がある

サプリメントがメインの食事になっていないですか?

サプリメントはあくまで食事の補助としてとるのが理想的です。

サプリメントがメインの食事はやめましょう。

筋トレをするうえでは、基本的な栄養のことを知り、筋肉にとっていい食事をとることが大切です。

サプリメントは状況に合わせて補助として取るようにしましょう。

休息をとっていない

スポンサーリンク

筋肉は休息しているときに成長します。

毎日筋トレをすると、成長を妨げることになってしまいます。

ただ、筋トレをしてその筋肉が成長するのにかかる時間は人それぞれです。

筋トレの負荷や部位にもよりますし、初心者や上級者によっても変わります。

もし、毎日筋トレをしていて効果が実感できない場合には休息を取り入れてみるといいかもしれません。

フォームが正しくない

初心者の方の中には自己流で筋トレを行っている人がいます。

それで結果がでればいいのですが、しばらくたっても効果が表れない場合があります。

効果が出ていないということは、どこかがまちがっているということになります。

もし可能であればトレーニングジムの方に相談するとよいでしょう。

トレーニングの効果を引き出すには正しいフォームが大切です。

結果をだしたいのであれば、プロや上級者のかたにアドバイスをもらうのがいいと思います。

負荷が足りない

筋トレは回数や量よりも、質が大事です。

腕立てや腹筋を100回したと回数にこだわっている人がいますが、回数はあまり関係ありません。

筋肉を大きくするために大事なのは、量よりも質です。

100回こなせるということは、あまり負荷がかかっていないということです。

できるだけゆっくりと負荷をかけながら質を意識してやると少ない回数でも効果があります。

質を意識して行うようにしましょう。

目標がない

筋トレを行う場合は目標を立てましょう。

目標をもって筋トレをすると持っていない人に比べて、効果が出てくる時間も変わってきます。

また、記録もつけるようにしましょう。

目標の設定や記録を付けることでモチベーションアップにつながります。

やはりモチベーションが上がると続けやすくなりますし、精神的にもよい効果が期待できます。

まとめ

筋トレの成果が出ない理由として、下記を挙げました。

・炭水化物の不足

・サプリメントの摂取方法に問題がある

・休息をとっていない

・フォームが正しくない

・負荷が足りない

・目標がない

あてはまっている場合は見直してみるといいかもしれません。

ただし、無理は禁物です。

自分ができる範囲で筋トレを行うようにしましょう。

体を鍛えたいのに怪我をしてはいけませんからね。

皆さんの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ