[記事公開日]2016/01/16
[最終更新日]2016/02/06

【酵素ドリンクダイエットのやり方と効果】酵素ドリンクの選び方と作り方も紹介

スポンサーリンク

酵素ドリンクって最近話題ではないですか?

ダイエットにいいと聞いたことはあるけどやり方を知らない方も多いのではないでしょうか。

そんな酵素ドリンクのダイエットのやり方と効果、作り方を紹介します。

drink5_orange

酵素ドリンクとは

まず酵素ドリンクについて説明します。

酵素ドリンクとはその名の通り酵素を含んだ飲み物のことです。

酵素とは、私達が食事で摂取した食べ物を消化したり、体内に吸収させるために必要な栄養素です。

酵素はみなさんの体の中でつくられています。

しかし、年齢とともに酵素の生産量は減ってしまいます。

年を取ると太りやすくなってしまうのは、この酵素が不足してくるからです。

酵素は新鮮な生の食材に含まれています。

例えば、生の肉や魚、生野菜、果物などです。

生野菜や果物から作られているのが酵素ドリンクです。

体内でつくることができないなら、外から補給しようと開発されたのが酵素ドリンクです。

ただし、酵素は、材料がたんぱく質なので熱に弱いという性質を持っています。

一般に酵素が耐えられる温度は50度くらいから、せいぜいから70度くらいまでといわれています。

加熱によってたんぱく質が変質してしまい、酵素ではなくなってしまうんです。

酵素を取る際には加熱しないように注意しましょう。

野菜や果物は生のままで食べるといいと思います。

サラダやフルーツの盛り合わせなんかがいいですね。

酵素ドリンクダイエットのやり方

酵素ドリンクダイエットのやり方について説明します。

基本は置き換えダイエットですね。

置き換えダイエットとは食事をある食品で置き換えるダイエットのことです。

以前にバナナダイエットという置き換えダイエット祖紹介しました。

気になる方はこの記事を読んでみてください。

【バナナの栄養とダイエット方法】保存方法とバナナスムージーの作り方も紹介

1日1食を置き換える方法と、プチ断食(ファスティング)の間に飲む方法があります。

1食置き換えダイエット

3食のうち1食を酵素ドリンクに置き換える方法です。

朝食を置き換えるのがおすすめです。

なぜなら、朝は消化に時間のかかるものを食べると内臓に負担がかかるため、消化の良いドリンクがおすすめだからです。

いきなりプチ断食をするのをためらわれる方はこの方法を試してみてはいかがでしょうか。

半日断食(ファスティング)ダイエット

半日断食ダイエットは18時間以上固形物は食べないというダイエット方法です。

短期間のプチ断食なので無理がなく、デトックス効果もありますので人気があるダイエット方法です。

腸を休ませることで腸内環境も改善して便秘解消も期待できます。

18時間以上固形物を食べないということは、夜の19時に夕食を食べたら次の昼13時までは固形物は食べないというやりかたです。

朝食の時間に酵素ドリンクを飲むわけですね。

また、水なら合間に飲んでもかまいません。

断食といっても半日なら平日にできるかもしれませんね。

1日断食(ファスティング)ダイエット

1日の3食を酵素ドリンクに置き換えるというものです。

平日だと厳しいかもしれませんので、休日に行うのがおすすめです。

これによって内臓が休まります。

そのため、各消化器官が本来の力を取り戻してくれます。

定期的に行うことがおすすめです。

2日断食(ファスティング)ダイエット

2日間の食事をすべて酵素ドリンクに置き換える方法です。

1日断食ダイエットとおなじで、やはり休日に行いましょう。

効果としては同じで、内臓を休めることができ、デトックス効果も期待できます。

こちらも定期的に行うとよいでしょう。

3日断食(ファスティング)ダイエット

自宅で行っても問題ないとされているのが最長3日間の断食ダイエットです。

3日間の食事をすべて酵素ドリンクに置き換えます。

行うタイミングは祝日などで連休があるときがよいでしょう。

一番ダイエット効果が期待できます。

3日以上は行わないようにしましょう。

危険ですからね。ダメですよ。

行うなら専門的な知識を持った人のアドバイスのもとで行いましょう。

酵素ドリンクダイエットのポイント

スポンサーリンク

酵素ドリンクダイエットのポイントについて説明します。

準備期間と復食期間を設ける

必ず準備期間と複食期間を設けてください。

いきなり断食だけやっても効果は薄れてしまいます。

■準備期間

準備期間として断食の前に、断食の効果が発揮しやすいように体つくりをしましょう。

具体的には下記のとおりです。

  • 食事の量を減らす
  • 酵素食にする(生の肉や魚、生野菜、果物を食べます)
  • 消化にいいものを食べる

準備期間は3日から7日とるとよいでしょう。

なるべくなら7日はとりたいところです。

食事の量に関しては、朝食はいつもどおり食べていただいて、昼食を普段の7割程度、夕食を普段の5割程度にしてください。

そして植物性の食材をメインとした食事に切り替えてください。

特に夕食は、野菜や果物、豆類や海藻類といった胃腸に負担のかからないバランスのいい食事を心がけましょう。

夕食は20時までには食べるようにしましょう。

準備期間中から体のリズムを正しておきましょう。

■複食期間

準備期間よりもさらに大切なのが復食期間です。

断食で休んでいた胃と腸の働きを戻すためです。

具体的には下記のとおりです。

  • 朝食は酵素ドリンクかフルーツを食べる
  • 食事は生野菜かフルーツから食べる
  • 腹6~8分目へと慣らしていく
  • 酵素食を意識して和食にする

復食期間を長期でしっかりと行う事により、代謝が向上して、体はその期間中も痩せていきます。

複食期間にカロリーの高いものや、ドカ食いをしてはいけません。

それではもとに戻ってしまいます。

複食期間を使って今後の食生活の改善をしましょう。

酵素食を習慣にすることで、健康な体を保つことができます。

複食期間は3日から7日とるようにしましょう。

こちらも準備期間と同じで、7日をおすすめします。

酵素ドリンクダイエットの効果

酵素ドリンクダイエットの効果について説明します。

便秘解消

toilet_benki

腸の働きが正常になり、老廃物を排出してくれます。

ぽっこりとしたおなかの解消に役立つのではないでしょうか。

美肌効果

biyou_tsurutsuru

酵素ドリンクを飲むと、豊富な栄養を簡単に取り入れることができます。

バランスよく栄養分を補うことで、基礎代謝が活発になることが期待できます。

代謝があがると、肌の新陳代謝がスムーズに行われることで、美肌効果などが期待できます。

デトックス効果

腸の働きがよくなることにより、老廃物の排出がスムーズになり、デトックス効果が期待できます。

デトックスによって、肌荒れ防止などの美肌効果や、むくみの改善も期待できます。

酵素ドリンクダイエットの注意点

注意点を説明します。

水分をしっかりととる

medicine_cup_water

体の老廃物を排出するために、水分はしっかりととりましょう。

水分をとることで、毒素や老廃物を汗や尿、便で排出しやすくなります。

水分補給するという意識をもってダイエットを行ってください。

目安は1日に1.5~2ℓです。

水意外だと、カフェインが含まれていないお茶などでも大丈夫です。

麦茶はカフェインが含まれていないので手軽に飲むことができるのではないでしょうか。

夏場などではよく飲まれている方も多いと思います。

ピリジンという成分が含まれていて、血液をサラサラにしてくれる効果もありますよ。

おすすめです。

塩分を補給する

food_umeboshi

断食中は食事を制限するので、塩分不足になってしまうことがあります。

塩分が不足すると、頭痛やめまいなどといった症状が出ることがあります。

そうならないためにも、塩分を補給しましょう。

梅干しや塩などでもいいですし、具なしのお味噌汁でもいいでしょう。

特に夏場などは注意してくださいね。

空腹を我慢しすぎない

空腹を我慢しすぎないでください。

我慢できない場合は、生野菜や果物を食べるようにしましょう。

無理をする必要はありませんので、自分の体調に合わせてダイエットを行ってくださいね。

酵素ドリンクの選び方

選び方のポイントを説明します。

成分(原料)

置き換えダイエットの際には、毎日飲むものになります。

原料となる野菜や果物へのこだわり、添加物の有無もチェックしてください。

また、酵素はひとつひとつ働きが異なると言われています。

なので、酵素の素となる原料の種類がある程度豊富なものがいいでしょう。

50~80種類くらいを原料としていればいいと思います。

濃度

酵素ドリンクは、できれば原液100%のものがおすすめです。

果汁などと混ぜ合わせてある場合、成分表示にその割合の表示義務がありません。

そのため、どのくらい薄められているか具体的にはわかりません。

ただ、原材料は割合の多い順に記載されているはずです。

果汁などが一番にきているものは発酵エキスの濃度が低いと考えていいと思います。

カロリー

砂糖が含まれているものも多いので、気になる方はカロリーもチェックしましょう。

あまりにも高いと、いくら置き換えダイエットとはいえダイエット効果は望めないと思います。

しかし、そんな酵素ドリンクは少ないと思いますし、基本的には大丈夫だと思います。

周りの人のレビューを参考にしてみましょう。

飲み続けるものですから、自分に合わないと後悔する羽目になります。

こういうときは口コミが便利ですよね。

価格

mark_yen_okaikei

酵素ドリンクの平均的な価格帯は、720mlボトルで定価5000~10000円くらいです。

結構いいお値段しますよね。

自分の納得できる価格のものを選びましょう。

慎重に選んでくださいね。

酵素ドリンクの作り方

酵素ドリンクの作り方を紹介します。

手作りだと愛着も湧きますよね。

レモンの酵素ドリンク

【材料】4ℓ分

cut_fruit_lomon

  • レモン 900g(1個約100g)
  • しょうが 100g
  • 砂糖(漬ける材料の1.1倍) 1100g

【作り方】

  1. 保存容器を熱湯消毒します
  2. レモンとしょうがをよく洗い、皮付きのままスライスします
  3. 保尊容器に砂糖とレモン、しょうがを交互に入れていきます
  4. 1日に1回、よく洗った手でかき混ぜます
  5. 泡が出てきたら完成です(10日程度)

さっぱりとしたレモンの風味がおいしそうですね。

好みによってはしょうがをもっといれてもいいかも。

炭酸水と割って飲むのもおいしそうですよね。

炭酸水にもいろんな効果があるんですよ。

気になった方はこちらの記事をどうぞ。

【炭酸水の効果・効能】美肌にダイエットにも!作り方と洗顔の方法・効果も紹介!

酵素ドリンクダイエットと合わせてもいいかもしれません。

みかんの酵素ドリンク

【材料】4ℓ分

  • みかん 1㎏
  • 砂糖 1.1㎏

【作り方】

  1. 保存容器を熱湯消毒します
  2. みかんをよく洗います
  3. みかんをスライスします
  4. みかん、砂糖の順番で交互にいれていきます
  5. 1日に1回、よく洗った手でかき混ぜます
  6. 泡が出てきたら完成です(1週間くらい)

こちらはみかんの酵素ドリンクです。

おうちにみかんは余っていませんか?

大量にいただいたときなんかにいいかも。

こちらも炭酸水などで割って飲むとおいしそうです。

ミックスフルーツの酵素ドリンク

【材料】4ℓ分

  • りんご、みかん、ブルーベリー 合わせて1㎏
  • 砂糖 1.1㎏

【作り方】

  1. 保存容器を熱湯で消毒する
  2. フルーツは水で洗い、スライスする
  3. フルーツと砂糖を交互になるように保存容器にいれていく
  4. 1日に1回、よく洗った手でかき混ぜます
  5. 泡が出てきたら完成です(1週間くらい)

こちらはフルーツをミックスしたもの。

いろんな酵素がとれるのでありがたいですね。

好みによってフルーツを変えるのもありでしょう。

みなさんが好きなフルーツはなんですか?

一緒にいれちゃいましょう!

まとめ

酵素ドリンクダイエットのやり方を紹介しました。

ポイントは準備期間と複食期間ですね。

これを怠るとうまく痩せることができません。

ただし、無理はしないようにしてくださいね。

プチ断食は週末にでもできるので、興味がある方は是非試してみてください。

理想の体型をめざしましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ