[記事公開日]2016/04/16

【シーバックソーン(サジー)】話題のスーパーフルーツ!その効果と効能とは?

スポンサーリンク

シーバックソーンというフルーツをご存知でしょうか?

シーバックソーンは、オレンジ色の可愛い小さな実をつける、グミ科の落葉低木種の1つです。

そんなフルーツですが、栄養価が高く美容にも効果的だとか。

それではご紹介します。

シーバックソーンとは?

beauty_veggy_seabackthon

シーバックソーンとは、北欧やロシアなどの北ヨーロッパの寒冷地帯に育つオレンジ色の実です。

日本では「サジー」という名称が一般的で、北海道で栽培がスタートしたばかり。

古くからジュースやジャムとして親しまれており、ヨーロッパでは冬のビタミン補給源としても重宝されているのだそう。

ビタミン、ミネラル、アミノ酸、ポリフェノールをはじめ、なんと200種類もの栄養成分が含まれている、最強のフルーツなんです。

含まれている栄養

シーバックソーンにはアラサー女性に必要な栄養素がたっぷり凝縮されています。

フルーツの中で唯一、ビタミンA・C・Eの全てをバランスよく含んでおり、抗酸化力が非常に高いのが特徴。また含まれている油脂のほとんどが、新陳代謝を促してくれる必須脂肪酸です。

それぞれの栄養素とその美容効果を詳しくチェックしていきましょう。

アミノ酸

必須アミノ酸を含む18種

アミノ酸は身体の元になる大切な栄養素です。お肌や髪の毛などの美容には絶対必要な栄養素です。

有機酸

リンゴ酸、クエン酸、キナ酸 他多数

有機酸はシーバックソーンの酸っぱい味のもとで、疲れをとったり、いろんな栄養素の吸収を助けたりします。

ビタミン

ビタミンA、C、E、B1、B2、B6、B12、K1、葉酸、ビオチン 他

シーバックソーンのビタミン含有率は他の果物を圧倒してます。美容ビタミンとよばれるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEをバランスよく含んでいます。

ミネラル

鉄、カリウム、カルシウム、亜鉛、セレン 他多数

多くの女性が鉄やカルシウムが足りない状況です。シーバックソーンは自然の果物なのにビタミン以外の女性にうれしい栄養素がたっぷりはいっています。

ポリフェノール

ケルセチン、ルチン、ミリセチン、ケンフェロール、α-カロテン、β-カロテン、γ-カロテン、ルテイン 他多数

抗酸化成分と呼ばれる「若さを保つための栄養素」も豊富に含まれています。

脂肪酸

α-リノレン酸、リノール酸、オレイン酸 他多数

シーバックソーンに含まれているよい脂肪酸は、身体の中をキレイにしてくれます。

食物繊維多数

腸内環境を整えてくれる食物繊維も豊富に含まれています。

これだけの美容&健康効果を一度に得られるフルーツというのは、今まで聞いたことがありませんよね!

ちなみに、シーバックソーンに含まれるビタミンCはレモンの約9倍、アミノ酸は米酢の約5倍、鉄分にいたってはプルーンの約37倍にもなるとのこと。

まさに栄養素のかたまりと言えそうですね。

効能

スポンサーリンク

美肌に最適

シーバックソーンには、必須脂肪酸であるオメガ類やトコフェロール(ビタミンE)が豊富です。

その中でも注目なのがオメガ7の力。オメガ7は、紫外線などの外的ダメージから肌を守り、皮膚の内側の細胞を活性化します。

バリア機能を細胞レベルで強化するのと同時に、コラーゲン生成など内側からのサポートもできます。

疲労回復に効果的

サージはアミノ酸やビタミン、ミネラルを豊富に含み、高い栄養価を持っています。

サージに含まれるアミノ酸は9種類ある必須アミノ酸のほとんどを含んでおり、さらに非必須アミノ酸であるアスパラギン酸を多く含んでいます。

アスパラギン酸は、エネルギーをつくり出すクエン酸回路という過程に関わり、効率良くエネルギーをつくり出すサポートをしています。

この働きにより、疲労物質である乳酸の生成を抑制し、疲労回復やスタミナを維持する効果があります。

シーバックソーンの取り入れ方

シーバックソーンには、様々な取り入れ方があります。

身体の内側から取り入れる方法として代表的なのが、お茶。

シーバックソーンの葉っぱをそのままティーバックにしたものが便利で簡単です。

価格もリーズナブルで、専門店サジー市場で購入できます。

スムージーやジュースにして、朝食時に飲むのもおすすめです。

こちらは楽天などの大手通販サイトで購入可能です。

そして、身体の外側から取り入れる方法としておすすめなのが、シーバックソーンを使った美容オイル。

夏の紫外線でダメージを受けた肌の回復に、一役買ってくれそうですよ。

こちらも楽天などから気軽に購入できます。

 

まとめ

聞きなれないフルーツかもしれませんが、日常生活に取り入れることでいろいろとプラスに働いてくれそうですね。

ジャムをヨーグルトに入れて食べるのもおいしそうですね。

日本語では スナジグミとも呼ぶそうです。

食事に取り入れている有名な方もいるみたいなので気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ