[記事公開日]2016/04/02

【ズッキーニヌードル】ズッキーニが麺に変身!ダイエットにも!?ヘルシーでおいしいレシピをご紹介

スポンサーリンク

みなさんズッキーニは普段食べますか?

私は食べないんですがおもしろい調理方法があったので紹介したいと思います。

それが「ズッキーニヌードル」です。

それでは紹介します。

ズッキーニヌードルの作り方

vegetable_zucchini

さてそんなズッキーニヌードル、作り方はいたって簡単。いくつかのやり方があるのでご紹介。

まずは普通のスライサーで薄切りにしていって、それを縦に千切りにしていくというやり方。

チーズグレーダーを使うのもいいですね。

回転式のスライサーを使うと簡単です。

今はいろんな野菜スライサーが出ていて、簡単に千切りが出来るのでいいですね。

出来上がったズッキーニヌードルは、お好みでそのままソースをかけて食べてもいいし、沸騰したお湯で1~2分茹でた後さっと冷水にくぐらせてからソースをかけてもOK。

ズッキーニヌードルを使ったレシピ

ninniku

ズッキーニヌードルのガーリックとバジルのマリナラソースがけ

【材料】(2人分)

●ズッキーニ(小)・・・2本

●缶詰トマト(小さく切ってあるもの)・・・200g程度

●みじんぎりにしたにんにく・・・2片分

●みじん切りにしたオレガノ・・・大さじ1

●千切りにしたバジル・・・大さじ1

●オリーブオイル・・・大さじ1/2

●バルサミコ酢・・・大さじ1/2

●塩小さじ・・・1/2

●胡椒・・・少々

【作り方】

1.ズッキーニ以外の材料を全てボウルで混ぜる。

2.縦長に千切りにしたズッキーニの上に載せてできあがり。

パスタというよりはサラダという感じですね。

ズッキーニヌードルの鶏肉とピーナツソースのせ

スポンサーリンク

【材料】(2人分)

●茹でた鶏胸肉・・・1枚

●ズッキーニ(もしあれば黄色いズッキーニも合わせて)・・・2~3本

●人参・・・1本

●刻んだコリアンダー大さじ1

●ごま・・・大さじ1(ソース材料)

●ピーナツバター・・・大さじ2

●醤油・・・大さじ1/2

●米酢・・・大さじ1と1/2

●ごま油・・・小さじ1

●みじん切りにしたにんにく・・・小さじ1/4~1/2

●砂糖・・・小さじ1/2

●水・・・大さじ1

【作り方】

1.茹でた鶏胸肉は手で裂いておき、縦長に千切りにしたズッキーニとにんじんは沸騰したお湯で茹でます(にんじんを先に入れ2~3分したところでズッキーニを加えさらに1~2分)。

2.ゆであがった野菜はすぐに冷水で冷やし、ざるにあげておきます。

3.ソースの材料を全てボウルに入れ、泡だて器で混ぜます(水が足りない時は足してください)。

4.お皿に盛ったズッキーニとにんじんの上に鶏肉を置いてソースをかけたら、コリアンダーとごまをかけて出来上がりです。

えびとズッキーニヌードルのペペロンチーノ風

fish_hoshiebi

【材料】(2人分)

●ズッキーニ・・・2本

●えび・・・400~500g

●みじん切りにしたにんにく・・・3片分

●オリーブオイル・・・大さじ2

●みじん切りにしたパセリ・・・大さじ1

●みじん切りにしたバジル・・・大さじ1/2

●みじん切りにした赤唐辛子・・・小さじ1/4

●塩・・・小さじ1

●胡椒・・・少々

【作り方】

1.ズッキーニは縦長にリングイネパスタほどの太さに切っておき、熱したフライパンににんにくとえびを入れます。

2.えびがピンクになったらズッキーニ、赤唐辛子、塩を加えひと混ぜしてからふたをし、ズッキーニに火が通ったらバジルと材料半分のパセリを加え1分ほど経ったところで火からおろします。

3.お皿に盛り、残りのパセリと分量外のオリーブオイルをほんの少したらして出来上がり。

アレンジ次第でいろんな食べ方が出来ます

まだ日本ではあまり知られていない食べ方ですが、パスタに代わる素材として海外で注目されているズッキーニヌードル。

塩分を排泄する役割を果たすカリウムを多く含んでいて、高血圧などに効果的と言われています。

またビタミンCやベータカロチン、ビタミンB類も多く含んでいて、とってもヘルシーでダイエットにも最適。

太さを変えたり、そのまま生で食べても茹でても美味しいズッキーニヌードルは、お好みの付けをしていろんな食べ方を楽しみましょう。

「Zucchini Noodle Recipe」などで検索すると海外サイトのレシピがたくさん出てきますよ。

 

ダイエットに関する記事はこちらもおすすめです。

【オクラダイエット】その効果とレシピをご紹介

夏バテにも効果的なオクラを用いたダイエットです。

【ニンジン寒天ダイエット】便秘解消!レシピと方法、効果をご紹介

ニンジンをすりおろすことでβ-カロチンの吸収率がアップしますよ!

【ゆで卵ダイエット】ゆで卵の効果とダイエット方法をご紹介

ゆで卵を使ったダイエット。固ゆでがポイントです。

まとめ

ズッキーニの新しい食べ方「ズッキーニヌードル」はいかがでしたでしょうか。

レシピはまだまだありますので探してみてくださいね。

主食の代わりにすればカロリーも抑えられそうです。

ズッキーニが旬の季節にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ